• 【冷凍】蝦夷鹿―内臓―荒挽きパラパラミンチ 250g
  • 【冷凍】蝦夷鹿―内臓―荒挽きパラパラミンチ 250g
  • 【冷凍】蝦夷鹿―内臓―荒挽きパラパラミンチ 250g
  • 【冷凍】蝦夷鹿―内臓―荒挽きパラパラミンチ 250g

【冷凍】蝦夷鹿―内臓―荒挽きパラパラミンチ 250g

2729

1,440円(税込1,584円)

購入数

※お気に入りに追加(上限20個)された商品はこちらに表示されます。


蝦夷鹿 内臓荒挽きパラパラミンチ
北海道の野生の鹿を内臓も一緒に1cmメッシュのパラパラミンチに仕上げました!
保存料など一切使わない無添加で仕上げています。
アレルギー・ダイエット中も安心の鹿肉。
バラ凍結で使いたい分だけ取り出せるので、ご飯作りにとっても便利!主食に是非与えていただきたいものです。
鹿肉は低カロリー・高タンパク
エゾシカの肉は、牛肉に比べたんぱく質は約2倍、鉄分は9倍近く、カロリーは10分の1以下というヘルシーなお肉です。鶏のささみのように低カロリーで、レバーなどのように鉄や銅などのミネラルが豊富。脂質量が少ないのでコレステロールも低く安心です。脂質にはドコサヘキサエン酸(DHA)を多く含んでいることも判明しました。DHAは記憶力や学習能力の向上に効果があるとされております。
鹿肉ってすごい!
北京原人、クロマニヨン人、縄文人も鹿肉を食べていた事が遺跡や遺物にたくさん証拠が残されています。 中国では鹿肉は、薬膳料理として家禽類の中で最上位に位置する食材です。
永遠の美しさと健康の為に秦の始皇帝は不老不死を、西太后は永遠の美しさを求めて鹿肉などの鹿料理を頻繁に食べていたとされています。 そのおかげで西太后は72歳まで自分の歯でシミのない艶と潤いのある肌を保っていたそうです。

漢方薬の原典『神農本草経』の中で、 鹿茸などとともに鹿肉の薬効が説明されていますが、医食同源を説く漢方の世界では鹿肉は、疲労回復、産後の体力回復、授乳期の泌乳促進、顔面神経症の治療などに効果が高いとされています。
安心できる野生の鹿
野山のめぐみをたっぷり食べて育った鹿です。のびのびとした生活環境の中で育っているのでストレスの無い美味しいお肉になっています。
安心安全な衛生管理の行き届いた食肉工場です
さかい企画のお肉は全て食肉工場で製造されております。
もちろん人用!だから一緒に食べられるのは当たり前。
厳しい衛生管理の下頑張って作っています。
使いやすいパラパラタイプ
パラパラタイプだから、袋から取り出し、お皿に出すだけ。食べやすい大きさにカットしてあるので、すぐに食べさせてあげられます。急いでいるときには、便利ですね!
ペットの手作りご飯や生食にどうぞ!
1cmメッシュのパラパラミンチに仕上げました。
使い方
【 解凍方法 】
  • ご利用の量のみ解凍してください。
  • 電子レンジ等で解凍する場合、必ずお皿に移し、ラップをかけてから温めてください。
  • 湯煎解凍される場合は火傷にご注意下さい。
  • 必ず、商品を温めた後は温度の確認をしてください。
温めすぎにご注意下さい。
ご注意 解凍しすぎると、肉汁とともに栄養成分がでてしまいますので解凍しすぎないようにお気をつけください。
【 ご注意 】
この商品は着色料を使用しておりませんので、商品ごとに色のバラつきがある場合がございます。
また、内臓肉を使用しておりますので色変わりが早い商品となっております。
品質には問題ございませんが、出来るだけお早目にお使いください。
坂井のおススメ!

蝦夷ジカの発売にあたり協力していただいたのは北海道の生協仲間!北海道地区で私の担当する発芽玄米を始めとする生協食材を取り扱っている会社より、新鮮で安心安全な蝦夷ジカを紹介してもらうことが可能になりました。弊社もそうですが「生協に商品を卸すことができる!」 という事は会社、工場、の意識や安全性におけるレベルがとても高いものでなければ、簡単に生協では取り扱ってもらえません。

蝦夷ジカを販売するにあたり、鹿肉について勉強いたしました。鹿ならなんでもいいのか?いつも弊社が思うことですが捨てるような部位(人が食べない)所はあまり使いたくありません。
弊社のポリシーでもある「一緒に食べられ美味しい」というハードルは絶対に下げたくない!
そんな事を言えば「(よかぼーん)や(あばらちゃん)は 食べられないじゃないの!!!」なんて意地悪な人の声が聞こえてきそうですが、よかぼーんやあばらちゃんは牛骨。ラーメンやさんではとても貴重な存在です。

安心できる相手から安心できる原料を仕入れ、安心できる商品に仕上げ、皆様にお届けする。コレがさかい企画の仕事です。
原料が仕入れられるというのは 食肉会社に在籍しているからです。安心できる長年の実績のある農場からの仕入れは 生産者様との信頼関係、私が食品業界に携わってから長年培ってきたものです。コレが何よりもの財産です。

オーナー様も安心して一緒に食べられるので、ぜひお召し上がりください。
こんな子にオススメ!
栄養成分表(100gあたり)
エネルギー 120kcal ナトリウム 58mg
水分 73.8g カルシウム 16mg
タンパク質 21.2g リン 245mg
脂質 3.9g カリウム -mg
炭水化物 0.0g 飽和脂肪酸 -g
日本冷凍食品検査協会分析
※ -(ハイフン)表示の場合は未分析の項目です。
商品詳細
商品名 蝦夷鹿―内臓―荒挽きパラパラミンチ 250g
原材料名 鹿肉(北海道産)鹿ハツ(北海道産または大分県産)鹿レバー(北海道産または大分県産)
内容量 250g
原産国 日本国
含有添加物 無添加(合成添加物・保存料を一切使用しておりません)
加熱の有無 非加熱
保存方法 −18℃以下で保存してください。解凍後の再冷凍は劣化の原因になります。開封後は早めにお召し上がりください。
与え方 あらかじめ使用する分だけを冷蔵庫に移し、やや霜が解けた状態で好みに応じた量をトッピングしてください。
※はじめて生食を与える方は下記を参考にしてみてください。
「生食」への上手な切り替え方
ご注意 北海道の野生の鹿を内臓も一緒に1cmメッシュのパラパラミンチに仕上げました!
(※原料の入荷状況により大分県産の鹿心臓・鹿レバーを使用する場合がございます。)
おすすめレシピ
健康一番の鹿ミンチのせ
低脂肪・低カロリー・高タンパクの北海道の野生の鹿。アレルギーの子も安心です!
豆腐ステーキ 〜健康一番添え〜
豆腐ステーキに肉そぼろをのせてワンプレートご飯にしてみました!
豆と鹿肉の煮込み
低カロリーの鹿肉を使った煮込みです。ミンチはお好みで替えてもok!トマトを加えても美味しいですよ♪

一緒に購入されている商品

営業日カレンダー

2024年5月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
2024年6月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ただ今のご注文は
2024年5月27日(月)の出荷となります。
>