第1回 長寿コンテスト 結果発表
第1回 長寿コンテスト グランプリ
第1回 長寿コンテスト グランプリ 寛太(22歳)猫
寛太(22歳)猫
黒田さん(佐賀県)
ペットの長寿の秘訣・思い出
寛太は体も大きく、とっても心の優しい猫です。毎朝ご近所のおばあちゃんたちにご挨拶して回るのが日課になっています。寛太は小さい頃は、元気に庭を走り回って遊んでいましたが、最近はめっきり縁側で過ごすことが多いです。
「みんな何しているのかな?」と時々うろうろしてみんなの様子をうかがいに来ます。
寛太の長寿の秘訣はやはり食事だと思います。フードではなく、毎食手作りご飯です。
もうさかい企画さんとは10年近いお付き合いになります。
海が近いこともあり、美味しい魚が仕入れやすいので、お魚と健康一番を中心としたメニューです。健康一番の前は、プライムライス乾燥野菜でご飯を作っていましたので、本当に便利になり喜んでおります。健康一番をお皿に入れ、ご飯の支度を始めると、「ゴロゴロ」と喉を鳴らしてしっぽを足にまきつけてきます。美味しい物は、よく知っています(笑)
寛太は「とっても毛づやがよく、ふわふわしているね!」とご近所でも有名です。親ばかかもしれませんが、やはり撫でてやると、とっても気持ちがいいです。
おかげさまで大きな病気・けがもなく元気に過ごせているのは、やはり手作りごはんとケイズマイスターのおかげかな?と思っています。100%手作りだけの頃よりも、ケイズマイスターを加えるようになってから、お腹の調子もよく、元気です。
健康な体は美味しい食事からというのは本当だな、と心より思っています。これからも寛太ともどもよろしくお願い致します。
第1回 長寿コンテスト 長寿賞
第1回 長寿コンテスト 長寿賞 まりりん(19歳)ミニチュアダックス
まりりん(19歳)ミニチュアダックス
長谷見さん(東京都)
ペットの長寿の秘訣・思い出
肉・肉・肉が大好き!
美味しいものモリモリ食べて、よく寝て、適度な運動!
年より扱いしないこと。自由に過ごさせること。
日々の変化に陰ながら目配りしてあげること。

ペットの持病の有無・現状について・改善した点
今年に入って、腎臓と肝臓に重篤な障害があると言われ膀胱炎もぶり返しが続きましたが、手作り食で栄養管理を特に強化したら、今はとても元気に過ごしています。
すりみんぐの鶏が大好きで、目の色が変わります♪
第1回 長寿コンテスト 嵐山善兵衛賞
第1回 長寿コンテスト 長寿賞 はな(15歳2カ月)ラブラドールレトリバー
はな(15歳2カ月)ラブラドールレトリバー
伊藤さん(愛知県)
ペットの長寿の秘訣・思い出
①食に対する執着心!食べる事が生きがい!これぞラブラドールって感じです。
②とにかくマイペース。シニアさんになってからは
 都合が悪い言葉(待て!いけない!ダメ!NO!など)は
 一切聞こえなくなりました(笑。
③さかい企画さんのお肉を使っての1日3回の美味しいご飯と1日4回の短いが楽しい散歩。

ペットの持病の有無・現状について・改善した点
夏になるとやらかすマラセチア。秋〜冬の乾燥の激しい時期なると皮膚がかゆくなる。
が、こうした点もこの2年位はだいぶ改善されてお薬もすごく減ってます。
水分は大切なので健康一番を多めのスープ(こぶ出汁やサンマ節の出汁・鶏スープやごぼうスープなど)であげています。
手作りカッテージチーズを作る際に出るホエーも夏は凍らせて半解凍の状態であげて水分&栄養補給しています。
第1回 長寿コンテスト 嵐山善兵衛賞
第1回 長寿コンテスト 長寿賞 ミルク(12歳)マルチーズ
ミルク(12歳)マルチーズ
松本さん(栃木県)
ペットの長寿の秘訣・思い出
いつもお世話になっています。
わが家のミルクの自慢、それは健康です。
さかい企画さんと出会うまでは、胃腸が弱かかったり、歯石取りの際に心臓が弱まったり。。正直マルチーズは心臓が遺伝的に悪いと言われているので長生きなんて無縁と思ってました。さかい企画さんの食事を始めてから3年、今では血液検査も心電図、何においても完璧な数値です!!マルチーズなのに、12歳なのにと。。口を揃えてすごい健康体ですねと言われます!

ペットの持病の有無・現状について・改善した点
持病、なし
ドライフードからさかい企画さんに変えてから健康診断異常なしです。
第1回 長寿コンテスト 嵐山善兵衛賞
第1回 長寿コンテスト 長寿賞 ピース(17歳2カ月)柴犬
ピース(17歳2カ月)柴犬
小田切 さん(長野県)
ペットの長寿の秘訣・思い出
〜 ピースからさかい企画さんへ・・・ありがとう!〜
さかい企画さんにはやはり食の事でお礼を申し上げたく、またピースの嬉しかったこととあわせてお話しさせて頂きたいと思います。
ピースの長寿の秘訣は、食事、歯みがき、散歩、お出かけ等々・・・家族と一緒にいられ、できるだけストレスをかけない・・・でしょうか。中でもやっぱり食事は、命をつなぐものでとても大切だと思いました。
ピースは15才位から手作り食になりました。「健康一番」にオイルを加え、好きなお肉やお魚と合わせて食べて元気でいました。16才位からやや認知症の症状が出始め、ご飯を自分で食べることが難しくなってきました。口元へご飯を押し込めば、ムシャムシャと食べます。ゴックンとしっかり呑み込みます。こうしてのご飯タイム中、タイミングがずれ、2回位自分の指を噛まれた時もありましたが今となれば懐かしい想い出です。馬ろく軟骨を与えたときは、自分からがっついて食べ、そんな元気な姿を見られ、本当に嬉しくて涙が出ました。(HPにも載せていただきました)
そうした中でも少しずつ食にも肉体的にも変化が出てきて老化が進みました。呑み込みが徐々に悪くなってきました。食べる量も減ってきます。出来るだけ体に良いもので、消化がよく栄養価が高いもの・・・ピースが好きそうな色々なフードを試しました。魚も好きなのでマグロのすり身カットも与えやすかったです。ワンコ友だちママさんからも情報を色々いただきました。
最終的にたどり着いたのが、生肉です。さかい企画さんのお肉は人間も食べられる良質なもので本当に安心して与える事ができました。若い頃のピースは生肉よりも焼いた方が好きでしたが、この頃のピースにはとにかく栄養が行き渡るようにと思い、生肉を与えました。解凍しすぎるとベタベタ手にばかりついてしまい与えにくく、半解凍位のものが口に押し込みやすくよかったのですが、冷たすぎてお腹を壊さないか心配していました。が、そういったことはなく、本当に良質な物なんだと分かり、ありがたい気持ちでいっぱいになりました。
シニアでも内臓も強く健康状態も良かったピースは自慢の娘です。毛並みも良くて美犬さんです!(笑(〃^ー^〃)
健康でいられることはお互いに幸せなことです。ピースが長生き出来る事の一つに、さかい企画さんとの出会いがあったと思っています。ボーロスティックチーズソーセージなどのおやつも大好物でした。良い商品をありがとうございます。次回は、我が家に迎い入れるの2代目もお世話になると思いますのでまた宜しくお願いします。
ピースからも・・・美味しいおやつやご飯をありがとうございました!これからも長生き出来るワンコの食を支えてくださいね♪

ペットの持病の有無・現状について・改善した点
16才で心音に雑音が出てきて心臓の薬を飲み始める。
17才直前で膀胱炎。改善策は水分をとるようにした。枇杷茶をあたえたりしました。
第1回 長寿コンテスト 入賞

営業日カレンダー

2017年9月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ただ今のご注文は
9月26日(火)発送予定です。